与那国島ダイビング★

明けましておめでとうございます☆

 

年が明けて、今週は多くの方が仕事始めだったと思いますが・・・

 

正月ボケなどはしていませんか?笑

 

今年は最大9連休ということで、国内・海外問わず

 

旅行に行かれた方やGW以来の連休なので

 

友人・家族・恋人とゆっくりのんびりできた方が多いのではないでしょうか。

 

私はボケるほど休みがないので、至って普通です!

 

 

さて、厳しい寒さが毎日続いておりますが、今回は”冬”にトップシーズンを迎える

 

『与那国島』のダイビングについてご紹介します!!

 

 

ダイビングと言えば、真夏の太陽光が差し込む美しい海を満喫するスポーツ

 

という認識が強いですが、ここ与那国は冬がメインの時期でありながら

 

ダイバー憧れの地として、毎年この時期には多くのダイバーで賑わいを見せています。

 

その一番の理由は「ハンマーヘッドシャークの群れ」が

 

与那国の海峡に姿を現すからなのです。

 

しかも、群れと言っても数十匹ではなく、数百匹単位で現れるので迫力満点!!!

 

目の前が塞がれてしまうほどの大群が現れるので、

 

地元のベテランダイバーでさえも興奮させられています><

 

 

さらに、ハンマーヘッドシャークだけでなくイソマグロやロウニンアジといった

 

超大物たちが常連となっている与那国の海は、

 

国内最高レベルのBIGポイントといっても過言ではないでしょう。

 

 

しかし、ハンマーヘッドが見られるポイントは時には激しい流れを伴うこともあるので、

 

しっかりスキルを見につけてから潜りましょう!

 

有名な海底遺跡をはじめ、沖縄の中でも異色の魅力を放っている与那国島に

 

一度は足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

メニュー