合同会社の設立について

合同会社とは、平成18年5月に施行された新会社法で設立することができるようになった新たな法人形態の会社のことをいう。

 

欧米ではLLC=Limited Liability Company と呼ばれ、株式会社と双璧をなすほど知名度の高い法人形態である。日本語に直訳して有限責任会社と呼ばれる合同会社は、出資額を限度に責任を負う小規模企業に適した会社形態である。しかし日本ではまだまだ知名度が低く、株式会社に比べて信用度が低くなってしまうという問題点があるため、設立の際には注意が必要である。

 

また、定款で組織形態を自由に決めることが出来る反面、人間関係が拗れてしまうと会社が成り立たなくなってしまう危険性を内包しているため、設立の際には定款の内容(意志決定の方法等)にはくれぐれも慎重になるべきではないだろうか。

関連記事

メニュー